スタッフブログ

2010年10月16日 11:07 AM

「梵語 般若心経」尺八レコーディング私記Ⅰ 古典尺八奏者:大尾圭司

世界最古の梵語(インド古語=サンスクリット語)般若心経の原写本はインドにも他のアジア諸国にも残っていないで、わが日本の法隆寺に保存されていると聞きます。
ご承知のとおり、近年、般若心経の解説書やネット上の配信が目立っております。ところが、入門書といえども容易に理解できる経典ではない事でもよく知られています。幸い、それが今回企画のCDにより、読み物として、また、音の響きとなってわれわれの五感に届けられようとしています。
通常、法事の席などで、ただ「ありがたいお経」の一つとして耳にしておりますが、あの般若心経の原語が持つ心地よいリズムを「音楽」の一ジャンルとして一度味わってみてはいかがでしょうか。お手持ちの癒し系の音楽CDに、この一枚を加えていただければ幸いです。
 最初「ナニ!コレッ」と驚かれると思いますが、そのうち、言い知れぬ波動が五体を覆うことでしょう。   続く・・・。

トラックバックURL

この記事に関するコメント

(公開されません)